"子供先生"。


"練習は家の中で。本番は世の中で。"

そんなイメージで子供と接しています。

何度失敗しても、大丈夫。

でも、なんで失敗したのかを考えて"次回はもう少しだけ上手に失敗して欲しい。"と思っています。

"練習なしで、いきなり本番で結果を出して。"という方が厳しいかな・・・。

"子供だからしょうがない。"というのは、自分の"コミュニケーション力不足"を、子供のせいにしているようで

抵抗があって、"しょうがない"と諦めたら、なんでもそうだけれど、そこで思考がストップしちゃう。

僕の思考が止まるくらいはどうってことないけれど、その感覚が子供に伝わってほしくないものです。

むしろ、偉そうなことを言っている僕の方が失敗が多くて、子供から学ぶことが多い毎日。

子供は、ただ小さいだけの大人であり、僕の先生。


©️ LØKKE furniture​      ルークファニチャー​

​・aichi ichinomiya

・pelican2255@gmail.com