"2500のリビングボード"

現在製作中のリビングボード。


先に木取りとシーズニングを終えていたリビングボード用のチェリー材にコツコツと墨付けしていきます。


今回ご依頼いただいているこのリビングーボード、その長さが「2500mm」。



長ければ長いほど、木取りが難しくなり、狙っている厚みに仕上げるためにシーズニングの時間でさえ緊張しています。


手押し鉋を慎重に調整して、厚みを確保しながら、自動プレーナーへバトンを繋ぎます。

なんとかギリギリで厚みを揃えることができて、ホッと一息。


天板には、ふと通りすぎてしまいそうな自然な木目を、そして壁に付く側板と、ダイニングスペースから見える側板の木目にも、それぞれ気配りを◎


これはいつもいう事なのですが、ボード類の家具は急に形になるので、たまりません。


これから籐の扉と引出しの加工が続きます。


工房の気温も温かくなってきましたので、気が緩まないように、さらに集中して製作に臨みたいと思っています!


今日もコツコツ頑張ります!