「お花」

妻、少々体調不良でございます。

いつも色々と頑張ってくれているので、疲れがたまったのかなと。



妻が寝ている間に、子どもたちはお庭からお花を摘んできてくれて、そっと置いていきます。


息子は昔から優しさに溢れていましたが、最近は長女もこうしてお花を摘んできてくれては、自分で花器を選んで水を入れて、そっと置いてくれます◎


「優しさは強さ。みんなに優しくしてあげてね。その優しさは誰かが見ていてくれて、ふと返ってくるときがあるから」と子どもたちによく話しています。


こうした子どもたちの行動を見ていると、日々妻の優しさを子どもたちが見て感じているから、きっとこうして返ってきているのだろうなと思いました。


僕も寄り添いますので、少々お休みをいただきます◎