「技」

板と板をボンドでくっつけることを「板を接ぐ(はぐ)」という。


ただ単に板をくっつける作業。

今なら動画などでもよく見かけるような、シンプルに見える誰にでもできそうな作業。


でも実は、そこには様々な工夫が必要で、まず「接ぎ面」といわれる特別な面を造る必要がある。


これをきれいに、そして毎回安定して作ることがとても難しい。

師匠もかなり気を使って作っていたのを今でも覚えていて、最初の頃はこの「接ぎ面」には一切触らせてもらえなかった。


そして地味に大切なのが「ボンドの量」。

多すぎても、少なすぎてもだめで、まさしく「適量」を、しかも「均一」に塗布することが大切になってくる。



クランプで締め付けた際に、こうして同じ量が表面にボンドが出てきたときが、適量で均一に塗布できている状態。


「職人技」なんて言葉を聞くと、鉋を使って、ノミを使って、仕口を使って、、、というイメージがあるけれど、それ以外のもっと地味な作業にもたくさん技がある。


機械を使うことも同じこと。

誰でも使えるわけではなく、コツもあれば、ルールもある。

そして機械といっても、それぞれ個体差があり、その「癖」を見つけて、自分のものにしなければならない。



そして、その機械の「整備」「調整」も自分でやる必要がある。

機械屋さんの話では、大きな工房では機械の整備は機械屋さんにお任せだから、職人さんは自分で整備、調整はできないとのこと。


それはそれで、その規模になるまで努力された結果なので素晴らしいと思うけど、僕の師匠は「自分の機械なんだから、自分で学んで癖をつかんで仕組み、構造を理解する努力をしなさい」という人だったから、僕も自然とその考えが染みついている。


全部含めて「職人技」。






©️ LØKKE furniture​      ルークファニチャー​

​・aichi ichinomiya

・pelican2255@gmail.com