"家族のイラスト"

ずっとずっと「ここだ!というタイミングでお願いしよう!」と決めていたコトがありました。

それは「table talk」の小池さんに「家族のイラスト」をご依頼するコト。


息子が大きくなり、長女もすくすく成長して、そして奇跡的に次女まで誕生してくれて、家族が揃ったこのタイミングで「ここだね!」と!



小池さんとの出会いは、息子がまだ小さい頃に「家が教えてくれること」という本に、我が家を取り上げてくださったことからはじまり、それからルークとして独立してからも、ずっと「ウッドフレーム」をお取り扱いいただいておりました。



蓋を開けた途端に、イラストに込めていただいた想いがふわっと伝わってきて、胸がいっぱいになり、自然と涙が溢れてきました。


僕も妻もしばらく大変で、「もうメールでは無理だから、電話してお礼を伝えよう!」と、お忙しいのを承知の上で直接お礼をお伝えしました笑。


「ひとつひとつをリアルに描きたいので!」とのご提案に、椅子に座ってポーズを取った写真をお送りしたり、家族のエピソードをお伝えしたりと、家族でみんなで笑いながらやり取りしたことも、とてもいい思い出になりました。


お仕事もプライベートも、本当にご多忙な中、ひとつひとつのタイミングで真摯に向き合ってくださり、昔から変わらないあの優しさが、とても嬉しかったです◎



イラストの詳細の詳細は、家族の大事な思い出でもありますのでちょっと内緒なのですが、今の幸せに感謝して、子どもたちとの日々の思い出をイラストにしたかったので、小池さんのこの「好きをシャボン玉で包む」というアイディアは、とても可愛くてワクワクしました。

(妻が吹くシャボン玉に、それぞれの好きなモノゴトが包み込まれています◎)


写真では決して表現することができないことを"ギュッ"と詰め込み、「絵本の1ページ」のような優しく素晴らしいイラストの世界。


子どもたちも一緒に楽しめるように、必ず家族が揃う部屋のドアを開けて、真っ先に目に入るところに飾り、家族みんなで眺めています。


本当にありがとうございました!

これからもずっとずっと、大切にしていきます◎


「table talk」


お二人のInstagramもぜひ◎

「小池さん」「小川さん」