"Leica M4"


娘を授かったら"ライカ"を買おうと決めていました。

ちびまるこちゃんに登場する"たまちゃんのお父さん"のように、写真を撮りまくりたい・・・。

そう思っていたからです。

たまちゃんのお父さんが使っていたライカは、花輪くんがプレゼントしてくれた"M4"。

憧れの上田義彦さんも"M4"。

どれだけ使っていたかわからないけれど、ソール・ライター氏も"M4"。

だから"M4"。というミーハーな理由です。

というのは理由の半分で、実際M2やM3も触らせてもらったのですが、玄人向けな印象を受けて、M4

を触った時にライカ入門者の僕にも優しい感じで、とてもしっくりきたのが決め手です。

なぜフィルムカメラか?・・・というと、実はデジカメの機能を使いこなせないという理由もあります。

フィルムカメラの機能がとてもシンプルで、あれやこれやの設定を行わず、気軽に写真を楽しむことができるので、結局フィルムカメラを選んでしまいます。

撮影枚数が"24枚"or"36枚"という撮影制限も気に入っています。

家族でお出かけをしても、息子と手をつないで、たくさんお話ししたいし、赤ちゃんも抱っこしてあげたい。

一回のお出かけで写真を撮る枚数は、多くても5枚〜10枚くらいです。

あとはほとんど日常の風景でシャッターを切ります。

つまり僕の性格や生活習慣に"ちょうどいい"のです。

買うんだ!と決めてから、"トツキトウカ"と"5ヶ月間"。

ライカの歴史や本体の特徴、レンズやシリアルナンバーについても調べまくりました。

"シャッターチャンスを逃さない機能"がないけれど、"シャッターチャンスが来るという本能"を研ぎ澄ませてくれるフィルムカメラ。

大好きな家族を撮りまくってやろうと思います!


©️ LØKKE furniture​      ルークファニチャー​

​・aichi ichinomiya

・pelican2255@gmail.com