楢材と真鍮取手のテレビボード

ブックボードと同じくご依頼いただき、お届けしました楢材(オーク材)のテレビボードです。


ブックボードと同じ空間に置かれる家具ですので、本体の「留め加工」や、脚のデザインなどを統一しています。



収納予定のレコーダーやリモコン、ディスク、配線やコンセントの位置を考慮しながら、詳細を打合せし、扉を手前に倒してオープンする「フラップ扉」仕様に見えますが、すべて「抽斗」です。


取手にはオリジナルで製作した「角の真鍮取手」。

抽斗はスライドレールを使用しているので”力”はいりませんが、しっかりと指をかけることができるように設計しているので、よりストレスレスでお使いいただけると思います。



そして、抽斗の中に、左から「固定棚」、「内抽出」、「可動棚」という収納方法が取られています。

抽斗はめいっぱい引き出すことができるので、中にある機械の操作や出し入れもスムーズに行うことが出来ます。



そして背面にも一工夫。

左右のスペースから配線を中央にまとめることが出来るよう、それぞれ必要な高さから配線孔が設けてあり、中央の背板は取り外し式でコードやタップを隠すことが出来るようになっています。



大きな四角の穴はコンセントの位置に合わせて設けたものです。

天板からの配線も床からの配線も上下の穴を通じて中央にまとめることができ、テレビ周りの一番の難点である配線問題をすっきりと解決しています。



無垢の鏡板でリモコンの赤外線は通りませんが、今はUSBに差し込める小さなリモコン受信機が

あります。それをテレビの裏に設置することで、リモコン問題は解決することができ、鏡板を迫力のある無垢の楢材(オーク材)でお作りすることが出来ました。


テレビ回りはテレビ以外にも、照明や空気清浄機、加湿器のコンセントも伸びてきて、様々なもので構成されてくることが想定されます。


「シンプルにしたい。」ということで”モノを無くす”というのも一つの工夫ですが、こちらもブックボードと同じく、定位置に「ちゃんと片付ける」という「習慣」を続けること、見直すことが出来る、というのは、収納の本質的、根本的な目的が詰まっていると思います。


そんなテレビボードにすることができたのは、様々なこだわりやご希望をお客様からいただき、図面を確認していただきながら、たくさんの質問や確認のご連絡をくださったお客様のおかげだと思っております。


オーダー家具のメリットをしっかりとご活用いただき、本当に嬉しかったです。


「楢材と真鍮取手のテレビボード」


©️ LØKKE furniture​      ルークファニチャー​

​・aichi ichinomiya

・pelican2255@gmail.com